J1・ベガルタ仙台“コロナショック”で危険水域 赤字は4億円超に

夕刊フジ / 2020年4月10日 16時50分

再開が全く見えないJリーグで、今後の“コロナ不況”に戦々恐々としているクラブがある。J1ベガルタ仙台だ。1月に発表した2019年度の決算見通しでは2億7100万円の赤字としていたが、今月3日のクラブ取締役会では1億5600万円拡大して4億2700万円の赤字に。今後起こりえるコロナ不況に向け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング