平昌五輪テロ警戒で米が特殊部隊増派へ 「3月危機」も見据えた可能性

夕刊フジ / 2018年1月17日 17時1分

米国防総省が、2月開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせて、世界最強の特殊部隊を朝鮮半島に増派することを計画している。米ニューヨーク・タイムズ(電子版)が14日に報じた。目的はテロ対策という。米国は同時期、原子力空母を周辺海域に展開し、戦略爆撃機も待機させる。「核・ミサイル開発」を放棄しない北朝鮮の暴発を防ぐとともに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング