【勝負師たちの系譜】三段リーグは人生かけた絶望との戦い 「上がれなかったらこのビルの屋上から飛び降りるのか」という夢を何回見たかわからない

夕刊フジ / 2018年4月16日 17時6分

★三段リーグ(2)三段リーグに東西決戦があった頃(1974年まで)の敗者は、惨めであった。敗れて何も考えられず、娯楽室で先輩棋士の麻雀を見ていると、「君はこんなところにいていいのかね」と、勝者が言ったという話がある。ここは奨励会員の来る所ではない、という意味である。三段リーグ廃止の後は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング