日大・内田前監督、警視庁がついに事情聴取 傷害罪の共謀共同正犯や教唆犯の疑いで逮捕の可能性も

夕刊フジ / 2018年8月18日 17時11分

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で急展開だ。警視庁が内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)から任意で事情聴取を行ったことが分かった。傷害罪の共謀共同正犯や教唆犯の疑いがあるとみて調べているが、2人は事情聴取に反則行為の指示を否定したとみられる。反則行為があった5月6日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング