『慰安婦映画』を後援…茅ケ崎市などに抗議200件殺到 担当者を直撃「作品見ずチラシで承認」

夕刊フジ / 2018年10月15日 17時6分

ドキュメンタリー映画「沈黙-立ち上がる慰安婦」(朴壽南=パク・スナム=監督)の上映会を、神奈川県茅ケ崎市と市教育委員会が「後援」していることに対し、200件近い抗議が殺到している。映画の内容が、慰安婦の「強制連行」を否定する日本政府の見解と異なるためだ。16日に市民文化会館で予定されている上映会を前に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング