【沖縄が危ない!】「普天間の危険」放置 玉城デニー県政は“思考停止”状態

夕刊フジ / 2018年11月21日 17時1分

★(2)米軍普天間飛行場移設問題の地元というと、話題になるのは常に移設先の名護市辺野古で、同飛行場を抱える宜野湾市の声は、軽視されている感がある。メディアでも、なかなか発信されない。市街地の中心に位置し、「世界で最も危険」とも称される同飛行場。宜野湾市の松川正則市長は「市民は厳しい生活を余儀なくされ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング