写真

ゴーン容疑者の影響を排除し、ルノー支配を拒絶した日産・西川社長(夕刊フジ)

■ルノーは日産株買い増しで応戦か日産自動車が親会社のフランス大手ルノーに「絶縁」を突き付けた。前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕と解任を受け、ルノーは同等の権限を持つ後継者を受け入れるよう要求したが、日産がはねのけた。ルノーの筆頭株主である仏政府は強い懸念を抱いており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング