仏政府「ルノーゴーン」排除へ 日産は株主総会開催要求を拒否 後任は来年3月まで空位に

夕刊フジ / 2018年12月19日 17時1分

日仏両国の「ポスト・ゴーン」選びが混沌としてきた。日産自動車は、前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の後任人事の決定を見送った。社外の委員会が提言する来年3月まで「空位」となる。一方、ゴーン容疑者がトップにとどまっているルノーでは、筆頭株主のフランス政府が後任人事の検討に乗り出している。トップ人事を巡っては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング