南海トラフ地震の予兆か!? 日向灘、箱根、京都、相次ぐ揺れ…専門家「各地のプレートが限界」

夕刊フジ / 2019年5月23日 17時11分

神奈川県・箱根山の火山活動、京都府での震度3の地震、宮崎県日向灘の震度5弱の地震などが今月に入って相次いでいる。遠く離れた場所で起きた別々の現象のようにみえるが、専門家は、いずれも近い将来想定される南海トラフ巨大地震への予兆だと指摘する。気象庁によると、21日に京都府八幡市で震度3を記録した地震の震源地は大阪府北部で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング