横審、白鵬らの立ち合い「見苦しい」 1分以上腰を割らず、「待った」も頻発

夕刊フジ / 2019年7月23日 17時10分

大相撲の横綱審議委員会(横審)の定例会合が22日に両国国技館で開かれ、横綱白鵬(34)らの立ち合いに苦言が呈された。矢野弘典委員長(78)=業雇用安定センター会長=は「気になっていることがございまして。立ち合いの乱れですね。1つは待ったが多い。その前の段階で、なかなか最後の仕切りに入らないという振る舞いがあって。ぜひ注意してもらいたい」と日本相撲協会に要望した。「じらすような待ったとか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング