【Tokyo1964秘録】陸上男子100メートル ボブ・ヘイズと飯島秀雄 第2の人生は明暗くっきり

夕刊フジ / 2020年4月3日 16時40分

「人類最速」を決める陸上男子100メートルは五輪の華だ。1964東京五輪で最速王者に輝いたのはボブ・ヘイズ(米国)だった。1メートル83、86キロの巨体を生かして加速するダイナミックな走りから「褐色の弾丸」の異名がついた。21歳で出場したヘイズは100メートル準決勝で人類初の「10秒の壁」を破る9秒9をマーク、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング