“史上最弱横綱”休場…稀勢の里がそれでも引退できない裏事情 相撲人気暴落の危機

夕刊フジ / 2018年1月20日 17時5分

横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦部屋=が初場所6日目の19日、休場した。5日目まで4敗と不振だった。休場は5場所連続6度目。在位6場所で皆勤は1場所にとどまり、横綱昇進後の勝率が史上最低の・553(26勝21敗33休)。横綱が5日目までに4敗するのは65年ぶり、2場所続けて3日続けて金星を配給するのは87年ぶりと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング