【SPORTS BAR】開幕まで20日足らず…まだまだ残る“中ぶらりん”メジャー級選手たち

夕刊フジ / 2018年3月14日 17時0分

去就が決まらず“中ぶらりん”となっていた選手たちが先週末、次々と新天地のユニホームを着ることになった。ホッとするニュースである。巨人を自由契約となった村田修一内野手が独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブスへ。「野球を続けたい思いを抑えることができなかった」。年俸2億2000万円から月給40万円…。現役を続けNPB復帰に執着する姿がいじらしい。上原浩治投手(カブスからFA)は10年ぶりに古巣・巨人に復帰。今キャンプ中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング