かばってきた金本監督も「見ての通り」とバッサリ… 低迷続く阪神・大山にチーム関係者「筒香を手本に」

夕刊フジ / 2018年5月17日 17時0分

期待のプロ2年目、阪神・大山悠輔内野手(23)のバットが湿っている。今季2度目の「8番・三塁」で先発した16日の横浜DeNA戦(甲子園)も3タコに終わり、11打席連続無安打。打率も・165に落ち込み、これまで専らかばってきた金本知憲監督(50)も「見ての通り」とバッサリ。野手としてこれより下の打順はなく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング