原辰徳氏が“意味深”発言「血管の中の血液がちょっと沸騰している」

夕刊フジ / 2018年8月20日 17時0分

■国内男子シニアゴルフ「ファンケル・クラシック」最終日(19日、静岡県裾野CC=7009ヤード、パー72)次の真剣勝負の場はグリーンか、それとも球場か。主催者推薦でアマチュアとして出場した原辰徳(60)は2バーディー、2ボギーの72で回り、通算20オーバー。74人中73位の“ブービー”で3日間を乗りきった。優勝はタイのプラヤド・マークセン(52)で13アンダー。最下位は故夏目雅子さんの弟、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング