貴ノ岩に説教した白鵬を暴力再発防止委が断罪 「生活指導は師匠が大前提」

夕刊フジ / 2018年10月20日 16時55分

外部有識者で構成された日本相撲協会の第三者機関、暴力問題再発防止検討委員会(但木敬一委員長=元検事総長)が19日に会見し、力士、親方ら現職協会員約900人から聞き取り調査した最終報告書を公表した。協会員の5・2%が昨年暴力を受けたと回答し、8%が暴力による加害を認めたという。昨年10月に元横綱日馬富士が貴ノ岩に暴行した傷害事件も検証。きっかけは横綱白鵬による貴ノ岩への説教だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング