「浦和では1年持たないと思っていた」下馬評を覆したオリベイラ監督

夕刊フジ / 2018年12月10日 16時55分

オリベイラ監督(68)にとっては実に大きな勝利となった。平成最後のサッカー天皇杯決勝(9日=埼玉スタジアム)で、浦和が仙台を1-0で下し12大会ぶり7度目の優勝を決めた。賞金1億5000万円と、昨年制覇したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も獲得。「謙虚に、協力し合って戦う姿勢をみせた」と指揮官は誇らしげにうなずいた。堀孝史監督の下で今季開幕早々つまずいた浦和は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング