【元巨人 クロマティが斬る】死球、交錯プレー、相手の分析…打者1本で勝負する来季、大谷を襲うこれだけの危険

夕刊フジ / 2018年12月15日 17時0分

★(6)今季終了後、大谷翔平投手(24)はトミー・ジョン手術(右肘内側側副靱帯の再建手術)を受けた。2019年は打者1本での勝負となる。大谷が打者だけならどこまでやれるのか、その限界を見極めるチャンスを与えられたとみるべきだろう。彼はものすごいパワーをもっている。現ソフトバンク球団会長の王貞治さんは「大谷が打つと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング