写真

矢板中央・望月の潜在能力はこんなものではない(夕刊フジ)

★(1)第97回高校サッカー選手権はすでにベスト4が出そろい、12日に準決勝2試合が埼玉スタジアムで行われる。今大会に出場し、来夏の東京五輪を戦うU-23日本代表入りの可能性を秘めるホープ5人を紹介する。第1回はガーナ人の父、日本人の母を持ち、埼玉県草加市で生まれ育った矢板中央(栃木)のFW望月謙(3年)。5日の準々決勝で青森山田(青森)に惜敗したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング