「稀勢引退」人気と協会に潰された“和製横綱” 悔やまれるあの時…休んでおけばよかった17年夏

夕刊フジ / 2019年1月18日 17時0分

横綱稀勢の里(32)が初場所4日目の16日に現役引退を表明し、年寄「荒磯」を襲名した。横綱在位わずか12場所の短命。数々のワースト記録を更新したが、絶大な期待を集めて19年ぶりに誕生した和製横綱は、なぜこれほど惨めな結末を迎えなければならなかったのか。人気を当て込んで横綱に昇進させた八角理事長(元横綱北勝海)ら日本相撲協会幹部の責任は重く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング