巨人・原監督、広島・緒方監督に“上から目線”「私が監督の時は大したことなかった」

夕刊フジ / 2019年1月22日 17時0分

今季巨人が球団史上ワースト新記録の5年連続V逸を阻止するためには、セ・リーグ3連覇中の広島にストップをかけねばならない。昨季はその広島相手に球団史上初めて、同一カードで2年連続の2ケタ負け越しを食らうなど、トラウマ級の苦手意識を植え付けられている。天敵克服へ心強いのは、4年ぶりに復帰した原辰徳監督(60)のブレない“上から目線”だ。いまだ赤ヘル軍団に対しても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング