「1点差に弱い巨人」返上難航 昨季20敗のリリーフ陣不安拭えず、トレードでの補強案も消滅

夕刊フジ / 2019年4月19日 17時10分

「1点差負けが多い」。近年の“弱い巨人”を象徴するキーワードのひとつだ。原辰徳監督(60)が復帰した今季も、勝ちパターン継投が不安を抱えたままで、弱点克服はおぼつかない。原監督は18日、関西入りを前に熊本空港で「接戦を守り抜こう、というのをテーマにしておかないと」と問題提起。「そこが一番不安だとチームもファンも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング