「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希に異変? 変化球多投でメジャースカウト“ガッカリ”も…NPBスカウト“ニンマリ”

夕刊フジ / 2019年4月24日 17時15分

「令和の怪物」に異変だ。国内高校野球史上最速の163キロをマークした今秋ドラフト1位候補、大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)は仙台育英(宮城)との練習試合(20日)に「4番・投手」で先発したが、まさかの変化球多投で最速は150キロ止まり。今月6日のU-18日本代表候補研修合宿で披露した剛速球を期待したメジャー10球団のスカウトからは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング