2週間の“謹慎”では甘すぎる!Jリーグ誤審問題 選手も批判「僕らがミスをしたら…」

夕刊フジ / 2019年5月22日 17時10分

明治安田生命J1リーグ第12節(17日)浦和-湘南(埼玉スタジアム)で起きた誤審問題が波紋を広げている。日本サッカー協会は20日、都内で臨時審判委員会を開き、試合を担当した山本雄大主審(36)らの公式戦への割り当てを18日から2週間停止すると発表した。山本主審は日本協会と契約するプロ審判(プロフェッショナルレフェリー=PR)だ。1年契約ながら年俸1000万円以上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング