写真

 4月1日、金価格が上昇している。新型コロナウイルスの感染拡大を巡る状況が悪化していることへの懸念から、資金が安全資産に逃避。各国中央銀行がさらなる金融緩和策を打ち出すとの期待も支援材料となっている。写真はウガンダのエンテベで2018年10月撮影(2020年 ロイター/Baz Ratner)

[1日ロイター]-1日の取引で金価格が上昇している。新型コロナウイルスの感染拡大を巡る状況が悪化していることへの懸念から、資金が安全資産に逃避。各国中央銀行がさらなる金融緩和策を打ち出すとの期待も支援材料となっている。 直近の金現物は1%高の1オンス=1586.51ドル。前日の取引ではドル高を背景に3.1%下落していた。 金先物はほぼ変わらずの1オンス=1596.50ドル。 CMCマーケッツのアナリストは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング