写真

米ピッツバーグ大学医学部の研究者は、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、感染予防に役に立つ水準で免疫力を高める効果があることをマウスを使った動物実験で確認したと発表した。UPMC提供。3月撮影(2020年 ロイター)

[ロンドン2日ロイター]-世界中に感染が拡大している新型コロナウイルス「SARS─CoV2」に対するワクチンの開発が急ピッチで進められる中、米ピッツバーグ大学医学部の研究者は、開発中のワクチンに感染予防に役に立つ水準で免疫力を高める効果があることをマウスを使った動物実験で確認したと発表した。 ピッツバーグ大の研究者が利用したのは、指の先ほどの大きさのマイクロニードルパッチを応用した「貼るワクチン」。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング