写真

 6月2日、平和外交研究所代表の美根慶樹氏は、ロイターの取材に対し、トランプ米大統領が9月開催を呼びかけた拡大版主要国(G7)首脳会議(サミット)について、結果的にトランプ氏が意図した形の会合は開催されない可能性があると指摘した。写真は米大統領専用機で、5月30日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[東京2日ロイター]-平和外交研究所代表の美根慶樹氏は2日、ロイターの取材に対し、トランプ米大統領が9月開催を呼びかけた拡大版主要国(G7)首脳会議(サミット)について、結果的にトランプ氏が意図した形の会合は開催されない可能性があると指摘した。対中包囲網形成に多くの国が慎重なほか、大統領選でトランプ氏が再選されない可能性も各国首脳が意識しているという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング