写真

 7月2日、アメリカン航空は1日、社員に宛てた書簡で、約8000人の余剰客室乗務員を抱えており、早期退職や希望退職で人員を削減する可能性があると伝えた。写真はワシントンで4月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

[1日ロイター]-アメリカン航空は1日、社員に宛てた書簡で、約8000人の余剰客室乗務員を抱えており、早期退職や希望退職で人員を削減する可能性があると伝えた。 10月以降、国際線と大陸横断便の乗務員を米連邦航空局(FAA)が定める最低人員に客室乗務員1人を加えた水準に減らす方針も示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング