写真

7月2日、東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。前日の米国株高は支援材料となったものの、投資家心理は盛り上がりに欠けた。都内の株価ボードで3月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京2日ロイター]-東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。前日の米国株高は支援材料となったものの、投資家心理は盛り上がりに欠けた。国内外で新型コロナウイルスの感染増加が伝わっていることが重荷。今晩発表される米雇用統計や週末の東京都知事選の結果を見極めたい向きもいるという。 ロイターの集計によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング