写真

 7月2日、台湾の大陸委員会の副主任委員を務める邱垂正氏は、香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、台湾の住民に中国本土、香港、マカオへの不要不急な渡航や乗り換えを避けるよう要請した。写真は蔡英文総統。6月15日、台北で撮影(2020年 ロイター/Ann Wang)

[台北2日ロイター]-台湾の大陸委員会の副主任委員を務める邱垂正氏は2日、香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、台湾の住民に中国本土、香港、マカオへの不要不急な渡航や乗り換えを避けるよう要請した。 邱氏は記者団に、国家安全維持法は香港だけでなくどこにでも適用され得る「歴史上、最も理不尽な」ものだと指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング