写真

 4月3日、東京株式市場で日経平均は小幅に5日ぶり反発した。東京証券取引所で2018年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京3日ロイター]-東京株式市場で日経平均は小幅に5日ぶり反発した。前日の米国株高や原油価格上昇などを好感し、朝方は買いが優勢で始まった。一時200円を超える上昇となったが、その後は週末を前に見送りムードが台頭。新型コロナウイルスの感染拡大による非常事態宣言や都市封鎖リスクも警戒され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング