写真

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的な経済活動は停止し、世界経済は約10年前の金融危機時よりも「はるかに深刻な」景気後退(リセッション)に陥るとの見方を示した。2月撮影(2020年 ロイター/Remo Casilli/)

[ワシントン/ジュネーブ3日ロイター]-国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的な経済活動は停止し、世界経済は約10年前の金融危機時よりも「はるかに深刻な」景気後退(リセッション)に陥るとの見方を示した。 ゲオルギエワ専務理事は世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長とテレビ会議方式で実施した共同記者会見で、「前代未聞の危機に見舞われている」とし、「世界経済は停止した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング