写真

 6月3日、東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。前日の米国株高や為替の円安基調を好感し、朝方から買いが先行。その後、上げ幅を500円近くまで拡大した。写真は2010年6月、東京証券取引所で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京2日ロイター]-東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。前日の米国株高や為替の円安基調を好感し、朝方から買いが先行。その後、上げ幅を500円近くまで拡大した。ただ、これまでの急ピッチの上昇で調整への警戒感も強まり、テクニカル的には「特別警報レベル」との声も出ている。大引けにかけて利益確定売りに押される展開となった。 日経平均は前営業日比323円40銭高の2万2649円01銭と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング