[パリ3日ロイター]-フランス・オランダ系航空大手エールフランスKLM傘下の エールフランスは7580人を削減する計画を確認した。 エールフランスは2022年末までに本体で全従業員の16%に当たる6560人を削減。このうち約3500人は自然減となる。これに加え、向こう3年間で地方路線を運航する傘下の「オップ!」で1020人を削減する。 エールフランスは新型コロナウイルス感染拡大を受けた渡航制限などの影響で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング