写真

6月4日、カンター社が公表した調査結果によると、主要7カ国(G7)の大半の国において、新型コロナウイルスを巡る政府の対応への信頼感が低下したことが分かった。写真は2日、「東京アラート」が出され、注意喚起のため赤くライトアップされたレインボーブリッジ(2020年 ロイター/Issei Kato)

[ロンドン4日ロイター]-カンター社が4日に公表した調査結果によると、主要7カ国(G7)の大半の国において、新型コロナウイルスを巡る政府の対応への信頼感が低下したことが分かった。なかでも英国で信頼感の低下が著しかった。 G7全体では、政府の新型コロナ対応を評価すると回答した人の割合は5月は48%となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング