米英当局、ロシアのハッカー集団指導者を起訴 関係者の資産凍結

ロイター / 2019年12月6日 2時37分

[ワシントン/ニューヨーク5日ロイター]-米英当局は5日、世界中の企業から1億ドル以上を奪ったとして、ロシアを拠点とするハッカー集団「エビル・コープ」の指導者2人を起訴し、関連する17個人の資産凍結を命じた。 調査当局によると、マルウエア(悪意のあるプログラム)「Dridex」を開発したとされるエビル・コープは企業のコンピューターをハッキングし、口座番号や暗証番号を取得。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング