アジア企業統治ランキング、日本は7位に転落 首位は豪州

ロイター / 2018年12月6日 10時18分

[香港5日ロイター]-アジア企業統治協会(ACGA)と証券会社CLSAがまとめたアジアの企業統治ランキングによると、日本は7位となり、前回の4位から順位を3つ落とし、インドと同順位だった。 ACGAとCLSAは2年ごとに調査を実施している。 ACGAとCLSAの報告書は、日本がより厳格な規制措置を行っていないとして批判。「重要ではあるものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング