世銀が新たな対中融資計画を承認、米国は反発

ロイター / 2019年12月6日 13時2分

[ワシントン5日ロイター]-世界銀行は、2025年6月までの期間について、中国に年間10億─15億ドルの低利融資を実施する新たな計画が5日の理事会で承認されたと発表した。米国のムニューシン財務長官や複数の議員は反対している。 ムニューシン氏は米下院金融サービス委員会の公聴会で、世銀理事会で米財務省を代表するメンバーが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング