写真

ドイツは、新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けた制限措置の期限を19日に控え、日常生活への段階的な復帰に向けたマスクの着用義務化や集会の制限、迅速な感染経路の特定など一連の措置をまとめた。ベルリンで5日撮影(2019年 ロイター/MICHELE TANTUSSI)

[ベルリン6日ロイター]-ドイツは、新型コロナウイルスの感染拡大阻止を目的とするロックダウン解除後の日常生活への段階的な復帰に向け、マスクの着用義務化や集会の制限、迅速な感染経路の特定など一連の措置をまとめた。内務省が策定した草案をロイターが6日、入手した。 草案によると、今回の措置により、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング