写真

北朝鮮の弾道ミサイル対処のイメージ(夕刊フジ)

国民と領土を守り抜く態勢が強化されつつある。政府は、敵基地も攻撃可能な戦闘機用の巡航ミサイルの導入に向け、2018年度予算案に必要経費を盛り込む方針を固めた。また、地上配備型ミサイル迎撃システムの「イージス・アショア」の導入に向けた調査費を17年度補正予算案に前倒しで計上する。1億円規模の見通しだという。「巡航ミサイルの導入には賛成だ。遅いくらいだ。(日本に危機が迫るなか)消極的な防衛ではいけない」元航空自衛隊空将で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング