小林至氏、ポスティングは現代の“不平等条約” 日本の球団は一丸となって対等に交渉を

夕刊フジ / 2017年12月7日 17時6分

【小林至教授のスポーツ経営学講義】大谷翔平選手が、どの球団と契約をするのか。来季どのような活躍をするのか。楽しみにしている方は多いでしょう。私も1人の野球ファンとして、その気持ちは確かにあります。一方で、日本のスター選手のFA権取得前の移籍を可能にしているポスティング制度については、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング