写真

<description role="descRole:caption">家具メーカー、DDBのドア開閉用「衛生(ハイジーン)フック」。提供写真(2020年 ロイター/Nat Pinte & Steve Brooks/DDB Work) </description>

[ロンドン/オークランド/ブカレスト1日ロイター]-英国のロンドン西部にある家具メーカー、DDBの経営者兼デザイナーのスティーブ・ブルックさんは先週、車を運転しながら工房に向かう途中で新型コロナウイルスのことがふと頭に浮かび、一体どうやったらドアのノブにさわらずに開けることができるかを考えた。 そこでブルックさんが発明したのが、ドア開閉用の「衛生(ハイジーン)フック」だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング