写真

 4月7日、安倍晋三首相は政府与党政策懇談会を開き、与党に対し緊急経済対策の実施に向けて全面的な協力を要請したとし、新たに取りまとめた経済対策について「財政支出39兆円、事業規模108兆円、GDP(国内総生産)の2割に及ぶ、世界的にみても最大級の経済対策となった」と述べた。写真は首相官邸で6日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京7日ロイター]-安倍晋三首相は7日朝、政府与党政策懇談会を開き、与党に対し緊急経済対策の実施に向けて全面的な協力を要請したとし、新たに取りまとめた経済対策について「財政支出39兆円、事業規模108兆円、GDP(国内総生産)の2割に及ぶ、世界的にみても最大級の経済対策となった」と述べた。 加えて、資金繰り支援や総額26兆円の税金・社会保険料の猶予制度、6兆円を上回る現金給付などを実施することで、「国民の命と生活を守りたい」と強調した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング