写真

11月8日、中国外務省は、ポンペオ米国務長官(写真)の最近の中国共産党への批判について、「極めて危険」で、ポンペオ氏の「邪悪な意思」を示した、とあらためて批判した。ワシントンの国務省で10月撮影(2019年 ロイター/Erin Scott)

[北京8日ロイター]-中国外務省は8日、ポンペオ米国務長官の最近の中国共産党への批判について、「極めて危険」で、ポンペオ氏の「邪悪な意思」を示した、とあらためて批判した。 ポンペオ長官は前月30日、中国共産党は「世界制覇」に照準を置いていると主張し、中国政府がもたらす諸課題に米国を含む世界は立ち向かう必要があるとの見解を示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング