写真

 7月8日、ペンス米副大統領(写真)は7日、米政府は国家安全保障を脅かす中国企業を巡り引き続き「強い態度」を取ると述べ、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」もそうした企業に含まれる可能性があるとの見方を示した。写真はメリーランド州で6月撮影(2020年 ロイター/ERIC THAYER)

[ワシントン7日ロイター]-ペンス米副大統領は7日、米政府は国家安全保障を脅かす中国企業を巡り引き続き「強い態度」を取ると述べ、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」もそうした企業に含まれる可能性があるとの見方を示した。 ポンペオ国務長官は6日、TikTokなど中国のソーシャルメディアアプリの禁止を検討していると述べ、TikTokは中国政府と情報を共有しているとの見方を示唆していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング