写真

 米軍が撤退し、トルコがシリア北部で「安全地帯」を設置する軍事作戦を行う見通しだ。シリア内戦の構図は大きく変わる。 写真はシリア北部の哨戒任務から戻ってきたトルコのヘリコプター。9月8日、トルコのアクチャカレ近くで撮影(2019年 ロイター/Murad Sezer)

[イスタンブール/ベイルート7日ロイター]-米ホワイトハウスは6日、トルコがシリア北部で「安全地帯」を設置する軍事作戦を行う見通しであると表明した。トルコの狙いは、シリア国内でイスラム国(IS)勢力と戦ってきたクルド人勢力を排除し、トルコの勢力圏拡大を図ることだ。今回の侵攻で、シリア内戦の構図は大きく変わる。 予想される今後の展開をまとめた。 ◎トルコの主な目的 トルコが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング