仏経済相、国際課税ルール改革巡る米の提案「容認できず」

ロイター / 2019年12月9日 11時57分

[パリ6日ロイター]-フランスのルメール経済・財務相は6日、国際課税ルールの見直しを巡り、新ルールへの参加を企業の選択制にするという米国の提案を受け入れない立場を示した。 経済協力開発機構(OECD)は現在、デジタル時代に合わせた国際課税ルールの見直しを進めている。フランスはOECDの改革に先行してデジタルサービス税を導入したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング