フィンランド社民党、首相に34歳マリーン氏選出 同国史上最年少

ロイター / 2019年12月9日 14時28分

[ヘルシンキ8日ロイター]-フィンランド連立与党第1党の社会民主党は8日、連立政権の一角を担う政党の批判を受けて辞任したリンネ首相の後任に、サンナ・マリーン運輸・通信相(34)を選出した。同国史上最年少の首相となる。 マリーン氏は数日内に就任する予定で、現役首相としては世界最年少となる見通し。 リンネ氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング