写真

 10月9日、ポンペオ米国務長官(写真)は、中国西部におけるウイグル族を含むイスラム教徒に対する中国の扱いは「大規模な人権侵害」とし、今後もこの問題を提起していく考えを示した。同日ワシントンで撮影(2019年 ロイター/ERIN SCOTT)

[ワシントン9日ロイター]-ポンペオ米国務長官は9日、中国西部におけるウイグル族を含むイスラム教徒に対する中国の扱いは「大規模な人権侵害」とし、今後もこの問題を提起していく考えを示した。 長官はPBSとのインタビューで、「これは大規模な人権侵害であるのみならず、世界にとっても中国にとっても利益になるとは思えない」と主張した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング