ウクライナ東部紛争巡る4国会談、年内の完全停戦と捕虜交換で合意

ロイター / 2019年12月10日 12時9分

[パリ9日ロイター]-ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は9日、パリで初会談し、ウクライナ東部で続く同国政府軍と親ロシア派武装勢力の紛争を巡り、年内の完全かつ包括的な停戦実施と互いの捕虜・拘束者の年内交換で合意した。 ただ、ウクライナ東部ドンバス地域の地位や、ドンバスとロシアとの国境の管理権をどちらが持つかなどの問題は今後協議する課題として残った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング